月別アーカイブ: 2017年2月

内臓脂肪症候群、つまりメタボ。改善に効果的なサプリメントは?

生活習慣病まっしぐらのメタボリックシンドローム。その前に対策しちゃいましょう!!よし、オッケー\(^o^)/

なんて、いえればいいのですが。そんなに簡単だったら、メタボになんてなってないですよね。そう、メタボにはメタボなりの理由があってこうなっている訳です。

生活習慣を改める・病院で治療するなど、色々な方法がありますが、ここではその方法の一つとして、サプリメントの活用にフォーカスしてご説明したいと思います。

【メタボリックシンドローム解消に有効なサプリメントとは】

《そもそもメタボリックシンドロームとは?》

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型の肥満にプラス高血糖・高血圧・脂質異常症の内、どれか一つの疾患が追加された状態の事を指しています。

メタボリックシンドロームになると、その先には怖い生活習慣病が待っています。

実はメタボ年齢は案外低く、男性の場合は30代から始まっているのです。それもそのはず。30代は働き盛り。仕事などに忙殺され、運動をする時間が無かったり、付き合いで外食や飲みの席が増える事で、気づいたらメタボ!!なんてことにも。早いうちに対策をして、メタボ解消に努めましょう。

《生活習慣改善プラスサプリメントで対策を!!》

メタボが悪化する前に、生活習慣を改めメタボを改善できれば、生活習慣病とは無縁の人生を送れる可能性が高まります。

生活習慣の改善だけで効果を得られるのなら、それに越したことはありません。しかし、効果が得られない、あるいは短期間で効果的に解消したい等の場合には、サプリメントの併用が効果的です。

では、いったいどんなサプリメントがあるのでしょうか?

《燃焼系サプリメントの種類》

メタボ解消をサポートしてくれる燃焼系サプリメント。じつはこの燃焼系サプリメントにはいくつかの種類があります。ここでは、種類と効果の違いについてご紹介します。

(褐色脂肪細胞の活性化を促進するサプリメント)

人間の脂肪は、白色細胞と褐色細胞の2種類が存在しています。肥満のもととなるのが白色脂肪細胞、その白色脂肪細胞を燃焼させるのが褐色脂肪細胞です。つまり、褐色脂肪細胞を活性化させれば、脂肪の燃焼が促進されるという訳です。

その主な成分は、牛肉などに含まれる共役リノール酸(トナリンCLA)、魚の油に含まれるEPAやDHAなど。

(脂肪動員ホルモンの活性化を促すサプリメント)

人間の体の活動エネルギーは主に脂肪と糖なのです。これを有効に燃焼させる事で脂肪の減少をはかるのがこのタイプのサプリメントです。

人間の体が活動エネルギーを必要とする時、“脂肪を分解してエネルギーを生成せよ”と脳が体に命令します。その命令を受け、ミッションを遂行する係が「ノルアドレナリン」・「アドレナリン」といった「脂肪動員ホルモン(アデポキネチックホルモン)」と呼ばれるホルモンです。これらは、脂肪を分解する酵素(リパーゼ)を活性化させます。

このリパーゼの働きが活性化する事により、脂肪は分解され血液中に放出されるのです。これが活動エネルギーとなるのです。

その主な成分は、トウガラシに含まれるカプサイシン・コーヒーなどに含まれるカフェイン・シジミのオルニチン・大豆などのアルギニン、鰹節のチロシンなど。

(ミトコンドリアの活動をサポートするサプリメント)

脂肪を燃焼する働きを持っているミトコンドリア。しかし、ミトコンドリアによって脂肪を燃焼させるためには、ミトコンドリア自体が元気で正常に働く事が条件となります。

その助けとなる成分は、羊・牛肉に含まれるL-カルニチン、サバなどに含まれるコエンザイムQ10、緑茶などに含まれるカテキンなど。

このように、燃焼系のサプリメントによってその効果は異なります。それらすべて脂肪燃焼に効果があるので、一見どれも一緒に感じますよね。

大きくとらえれば、たしかにその通りなのです。しかし、自分にとって効果が上がるサプリメントはどれなのか?サプリメントを使ってみたけれど今一つ効果が得られない、そんな時には燃焼系のサプリメントの中にさえ選択肢がある事を知っていれば、もし、服用しているサプリメントの効果が得られないなどの理由で、別のサプリメントに変えてみたいと思った時など、これらの情報が役に立ちます。

【まとめ】

燃焼系のサプリメントだけでも体に対する色々なアプローチ方法がある事を始めて知りました。今後、燃焼系のサプリメントを試す機会があるのならば、自分が使っているのはどのタイプで、体にどう作用しているという事まで理解した上で使ってみたいと思いました。

そして、もし効果が得られない時には、次はミトコンドリアを活性化してみる?いやいや、脂肪動員ホルモンでしょ?それとも褐色脂肪細胞にお願いしてみようか?と、そんな風に選択できればいいなと思いました。

皆様も、たまにはそんなオタクな感じでお試しください。

出典:【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト