内臓脂肪症候群、つまりメタボ。改善に効果的なサプリメントは?

生活習慣病まっしぐらのメタボリックシンドローム。その前に対策しちゃいましょう!!よし、オッケー\(^o^)/

なんて、いえればいいのですが。そんなに簡単だったら、メタボになんてなってないですよね。そう、メタボにはメタボなりの理由があってこうなっている訳です。

生活習慣を改める・病院で治療するなど、色々な方法がありますが、ここではその方法の一つとして、サプリメントの活用にフォーカスしてご説明したいと思います。

【メタボリックシンドローム解消に有効なサプリメントとは】

《そもそもメタボリックシンドロームとは?》

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型の肥満にプラス高血糖・高血圧・脂質異常症の内、どれか一つの疾患が追加された状態の事を指しています。

メタボリックシンドロームになると、その先には怖い生活習慣病が待っています。

実はメタボ年齢は案外低く、男性の場合は30代から始まっているのです。それもそのはず。30代は働き盛り。仕事などに忙殺され、運動をする時間が無かったり、付き合いで外食や飲みの席が増える事で、気づいたらメタボ!!なんてことにも。早いうちに対策をして、メタボ解消に努めましょう。

《生活習慣改善プラスサプリメントで対策を!!》

メタボが悪化する前に、生活習慣を改めメタボを改善できれば、生活習慣病とは無縁の人生を送れる可能性が高まります。

生活習慣の改善だけで効果を得られるのなら、それに越したことはありません。しかし、効果が得られない、あるいは短期間で効果的に解消したい等の場合には、サプリメントの併用が効果的です。

では、いったいどんなサプリメントがあるのでしょうか?

《燃焼系サプリメントの種類》

メタボ解消をサポートしてくれる燃焼系サプリメント。じつはこの燃焼系サプリメントにはいくつかの種類があります。ここでは、種類と効果の違いについてご紹介します。

(褐色脂肪細胞の活性化を促進するサプリメント)

人間の脂肪は、白色細胞と褐色細胞の2種類が存在しています。肥満のもととなるのが白色脂肪細胞、その白色脂肪細胞を燃焼させるのが褐色脂肪細胞です。つまり、褐色脂肪細胞を活性化させれば、脂肪の燃焼が促進されるという訳です。

その主な成分は、牛肉などに含まれる共役リノール酸(トナリンCLA)、魚の油に含まれるEPAやDHAなど。

(脂肪動員ホルモンの活性化を促すサプリメント)

人間の体の活動エネルギーは主に脂肪と糖なのです。これを有効に燃焼させる事で脂肪の減少をはかるのがこのタイプのサプリメントです。

人間の体が活動エネルギーを必要とする時、“脂肪を分解してエネルギーを生成せよ”と脳が体に命令します。その命令を受け、ミッションを遂行する係が「ノルアドレナリン」・「アドレナリン」といった「脂肪動員ホルモン(アデポキネチックホルモン)」と呼ばれるホルモンです。これらは、脂肪を分解する酵素(リパーゼ)を活性化させます。

このリパーゼの働きが活性化する事により、脂肪は分解され血液中に放出されるのです。これが活動エネルギーとなるのです。

その主な成分は、トウガラシに含まれるカプサイシン・コーヒーなどに含まれるカフェイン・シジミのオルニチン・大豆などのアルギニン、鰹節のチロシンなど。

(ミトコンドリアの活動をサポートするサプリメント)

脂肪を燃焼する働きを持っているミトコンドリア。しかし、ミトコンドリアによって脂肪を燃焼させるためには、ミトコンドリア自体が元気で正常に働く事が条件となります。

その助けとなる成分は、羊・牛肉に含まれるL-カルニチン、サバなどに含まれるコエンザイムQ10、緑茶などに含まれるカテキンなど。

このように、燃焼系のサプリメントによってその効果は異なります。それらすべて脂肪燃焼に効果があるので、一見どれも一緒に感じますよね。

大きくとらえれば、たしかにその通りなのです。しかし、自分にとって効果が上がるサプリメントはどれなのか?サプリメントを使ってみたけれど今一つ効果が得られない、そんな時には燃焼系のサプリメントの中にさえ選択肢がある事を知っていれば、もし、服用しているサプリメントの効果が得られないなどの理由で、別のサプリメントに変えてみたいと思った時など、これらの情報が役に立ちます。

【まとめ】

燃焼系のサプリメントだけでも体に対する色々なアプローチ方法がある事を始めて知りました。今後、燃焼系のサプリメントを試す機会があるのならば、自分が使っているのはどのタイプで、体にどう作用しているという事まで理解した上で使ってみたいと思いました。

そして、もし効果が得られない時には、次はミトコンドリアを活性化してみる?いやいや、脂肪動員ホルモンでしょ?それとも褐色脂肪細胞にお願いしてみようか?と、そんな風に選択できればいいなと思いました。

皆様も、たまにはそんなオタクな感じでお試しください。

出典:【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

乳酸菌のサプリの選別時には冷蔵の必要性をチェックすべき

shutterstock_90590569

乳酸菌のサプリメントを選ぶとなると、冷蔵の有無などは大きなポイントの1つです。サプリメントの種類も非常に多彩なのですが、中には冷蔵保管が必要になるものもあるのですね。そして冷蔵が必要になる場合、持ち歩きなどに関するデメリットが生じる事があります。

そもそもそれは、外出先に持ち込む事もあるのですね。自宅でそのサプリを服用する事もあり、人によっては出先でそれを服用したいと思っています。
そして出先に持ち込むとなると、やはり保管の問題が生じる事になるのです。というのも外出先によっては、冷蔵庫などの確保が難しい事もあります。外出先に冷蔵庫があれば良いですが、もちろんそれが無い場所も沢山あるのです。

そして問題は、冷蔵保管が必要なサプリですね。そのようなサプリの場合は、常温保管は困難なのですから、外出先に持ち込むのが難しくなってしまう事があります。
思えば海外旅行などに行く時には、やはり冷蔵保管は難しくなる事が多々あるでしょう。現地に冷蔵庫があれば良いですが、当然ながら外出先にそれが無い事も多々あります

サプリで冷蔵が必要かどうかを確認する

shutterstock_360639251

ところで数ある乳酸菌のサプリの中には、それが不要なタイプも見られるのです。いわゆる常温保管ができるタイプですね。そのようなサプリなどは、やはり良いと思います。理由は、もちろん上記で申し上げた通りです。サプリを使いたくても、冷蔵保管ができないのでは、服用も難しくなってしまうでしょう。そして、それはサプリを選ぶ基準の1つにもなるのですね。

この間私は、ある乳酸菌サプリの製品紹介ページを読みました。とても良さそうなサプリではあったのですが、それには1つデメリットがあります。それが冷蔵保管なのですね。
ある方がそのサプリを購入したのですが、残念ながら買った後にデメリットに気が付きました。冷蔵が必要だとは思わなかったので、ちょっと損した気分になってしまったようですね。その方は、それは冷蔵不要だと思い込んでいた訳です。

サプリに関する購入事例を見てみますと、たまにそのように後悔しているものもあります。それで旅行先でサプリを服用するのも難しいので、ちょっと残念な思いをしている方もいらっしゃる訳ですね。
ですのでサプリを購入する前段階において、ちょっと冷蔵保管が必要か否かは、確認する方が良いでしょう。大抵のサプリには要冷蔵などと記載されていますので、それを前もって確認するのが無難ですね。特に旅行先にサプリを持ち込みたいと思う方であれば、それは確認しておくのが良いと思う次第です。

胃袋の中で溶かされづらい加熱済み乳酸菌が含まれているプロテサン

乳酸菌を摂取する方法は、沢山あります。日常の食品からそれを摂取する方法もあるのですが、ここ最近ではサプリに興味を持っている方も多いのですね。お手軽感などが理由で、サプリを選んでいる方々も多く見られます。

楽天で高い評価を受けているプロテサン

shutterstock_439368238

ところで数ある乳酸菌サプリの1つに、プロテサンがあります。それは、かなり優秀なサプリだと思うのです

プロテサンは、薬店などではなかなか見かけません。私の近所にある薬店に足を運んでも、プロテサンを見かけた事はほぼ皆無ですね。
プロテサンは、主に楽天などで購入する事ができます。他にもアマゾンなど、主に通信販売サイトにて購入できる訳ですね。

プロテサンが優秀な理由は、そのサイトにて高く評価されていると考えられるからです。上記のような通信販売サイトでは、多くの方々による5段階評価を確認する事ができます。いわゆる5つ星での5段階評価が確認できますが、プロテサンはその中でもかなり高い数字を誇っているのです。

現時点でのその商品の評価は、4.6前後になっているのですね。楽天に出品されている数多くのサプリの中でも、かなり優秀な数字だと思います。つまり、人々から好評な乳酸菌サプリの1つなのですね。

ヨーグルトよりプロテサンの方がベターな理由と溶かされずらさ

ところでプロテサンは、他の食品と比較される事もあります。ヨーグルトなどと比較される事も、稀にあるのですね。

プロテサンとヨーグルトのどちらの方が良いかと言われれば、少なくとも胃酸を意識すれば、前者の方が望ましいと思います。なぜなら前者は、その中で溶かされづらい性質があると考えられるからです。

そもそもヨーグルトは、胃袋の中の酸で溶かされてしまう事も非常に多いのですね。その中の酸は非常に強力ですので、せっかくヨーグルトを摂取しても、溶かされてしまうケースが多々あります。もっとも効果がゼロになる訳ではないのですが。
ところがプロテサンの場合は、ヨーグルトと違って溶かされづらいのですね。なぜならその製品の場合は、生の乳酸菌が入っている訳ではなく、加熱された乳酸菌が入っているのです。

すでに加熱された乳酸菌の場合は、胃袋の酸に強い性質があります。加熱済みなので、過酷な環境で生き延びることができるからです。つまりヨーグルトよりは、お腹に届きやすいと考えられる訳ですね。
人によっては、すでにヨーグルトでお腹の調子を整えようとしている方もいらっしゃるでしょう。その乳製品ではなかなか効果が見られない場合は、思い切ってプロテサンに乗り換えてみるのも一法ですね。前述のように好評な商品ですので、効果は期待できると思います。

摂取した栄養分が上手く活躍できるようにしてくれる乳酸菌

人間の健康に関わる大きなポイントの1つは、もちろん栄養分です。それが十分に供給されていれば、基本的には健康になる事が多いですね。逆にそれが不足してしまっていれば、もちろん栄養失調になりがちなのです。

つまり健康のためには、様々な栄養分を補給する事が必要になるのですが、そのために30品目などと強調される事が多いでしょう。1日に少なくとも30種類以上の食品を摂取しない事には、なかなか健康になりづらいとの意見は根強いです。

確かに、私もその通りだと思います。ましてお腹の中の環境を整えるとなると、どうしても多品目が必要になってくるでしょう。偏った食生活などでは、お腹の環境も悪くなりがちなのですね。

ただ私は、その多くの品目を生かす為には、乳酸菌が必要だとも考えています。つまり乳酸菌を摂取すれば、栄養分が活躍してくれると考えられるのですね。

腸内環境が悪いので栄養吸収がスムーズに進まない

shutterstock_375121120

そもそも人々の中には、なかなか消化吸収がスムーズに進んでいない方も見られます。というのも、お通じに関する問題点が発生している方がいらっしゃる人によっては、ちょっとお腹の具合が悪くなってしまっている事もあります。そして栄養分というのは、もちろんお腹の中にて吸収されるのですね。ところが腸の壁などに対する損傷が発生していると、なかなかその消化吸収がスムーズに進まなくなりがちです。結果として栄養欠乏になってしまう事が多い訳です。

つまりお腹の中の環境が悪いので、栄養吸収がスムーズに進みづらくなっている訳ですね。もちろんそのままでは、ちょっと不健全な状態になってしまうでしょう。

乳酸菌で消火吸収が円滑化する

shutterstock_250375267

どうすればその吸収がスムーズになるかと申しますと、やはり乳酸菌ではないでしょうか。というのもその菌類の中には、お腹の壁などを修復してくれる物質も含まれているのです。
例えばあるヨーグルトの中に含まれている乳酸菌の場合、腸壁の修復機能があります。

つまりそれを摂取すれば、お腹から栄養分が吸収されやすくなる訳ですね。また乳酸菌のサプリによっては、お腹の中の痛みを改善してくれる事もあります。痛みが解消されている以上は、少なくともお腹の中での修復が進んでいる事の表れだと思うのです。

すなわち乳酸菌を摂取すれば、お腹の中の消化吸収も進みやすくなる訳ですね。最終的には30品目の栄養分も吸収されやすくなる訳ですから、ヘルシーな状態に近づくのではないでしょうか。

ですので健やかな生活を送りたいと考えているのであれば、乳酸菌はおすすめですね。